トップページ会社案内業務内容無料見積お問い合わせサイトマップ解体なら信濃へ

業務内容

トップ
解体業務
土地活用(SHハウス)

HBシェアハウス・HBガレージハウス

建設リサイクル法

解体業務解体の流れ建設リサイクル法木造建物の解体指針解体作業の実例

建設リサイクル法の基本方針

近年、廃棄物の発生量が増大し、廃棄物の最終処分場のひっ迫及び廃棄物の不適正処理等、
廃棄物処理をめぐる問題が深刻化しています。

建設工事に伴って廃棄されるコンクリート塊、アスファルト・コンクリート塊、建設発生木材の建設廃棄物は、産業廃棄物全体の排出量及び最終処分量の約2割を占め、また不法投棄量の約6割を占めています。

さらに、昭和40年代の建築物が更新期を迎え、今後建設廃棄物の排出量の増大が予測されます。この解決策として、資源の有効な利用を確保する観点から、これらの廃棄物について再資源化を行い、再び利用していくため、平成12年5月に建設リサイクル法が制定されました。

建設リサイクル法の概要

(1)建築物等に係る分別解体等及び再資源化等の義務付け
(2)分別解体等及び再資源化等の義務付け
(3)解体工事事業者の登録制度の創設
(4)再資源化及び再生資材の利用促進のための措置等

対象建設工事

分別解体等及び再資源化の実施義務の対象となる建設工事の規模に関する基準
(1)床面積 80平方メートル 以上の解体工事
(2)床面積500平方メートル以上の新築又は増築の工事
(3)請負代金が1億円以上の修繕・模様替え等の工事
(4)請負代金が500万円以上の建築物以外の工作物の解体工事又は新築工事等
以上の対象工事の実施に当たっては、工事着手の7日前までに発注者から都道府県知事に対して分別解体等の計画等を届けることが義務付けられました。

当社ではお客様に代わって都道府県知事への計画の届出を代行致します。

 

 

株式会社信濃は、建物解体と建築の優れた技術を通してお客様と地域社会に信用と信頼、安心を提供し、「人」と「環境」を考える企業を目指します。

埼玉県 (三郷市・吉川市・草加市・越谷市・川口市・さいたま市・八潮市)

茨城県(取手市・守谷市・竜ヶ崎市・つくば市)

千葉県東葛地区( 柏市、松戸市、我孫子市、流山市、野田市)
千葉県(千葉市(中央区、稲毛区、美浜区、花見川区、若葉区、緑区)、船橋市、市川市、浦安市、成田市、八千代市、鎌ケ谷市、習志野市、四街道市、印旛郡、印西市、白井市)

東京都(葛飾区、江戸川区、足立区、墨田区、江東区)

HANA-RE